屋上防水の必要性~住宅を劣化要因から守り抜く~

雨漏りが生じる原因は多岐にわたる 雨漏りが生じる原因は多岐にわたる

屋上から雨漏りする原因とは~屋上防水で対処する~

雨漏りのイラスト

屋上から雨漏りの症状が出てきたら、すでに劣化している可能性が高いです。一見、なんともなさそうな住宅でも、知らず知らずのうちにダメージを蓄積させています。もし、劣化の疑いがある症状を見つけたら、屋上防水を急いで行ないましょう。

屋上から雨漏りする主な原因

  • 屋根材が劣化して隙間ができた
  • 台風や地震などの災害で屋根瓦がずれた
  • 防水層が劣化して防水機能を果たせなくなっている
  • 何らかの衝撃を受けて屋根や壁などが破損した

屋上防水を行なうべき理由

知らないうちに屋根は劣化しています(防水工事業者)

建物が受けるダメージの要因として、雨(酸性雨)・紫外線・潮風が挙げられます。長い間、これらの要因に当たり続けると、屋上などにひび割れが生じてしまいます。ヒビの隙間に、潮風や紫外線が入り込み、建物を内部からじわじわとダメージを与えます。そのため、未然に防ぐために、屋上防水などの住宅メンテナンスが欠かせないのです。

住宅は、完成してから雨・紫外線・潮風の影響を受け続けます。雨漏りを未然に防ぐためにも、劣化要因を作り出すものから住宅を守らなければなりません。雨漏りのリスクを最小限にするために、屋上防水工事を施しましょう。

屋上がこんな状態になっていたら注意

屋上をチェックするなら、注意しておきたいことがあります。それは、「触れると白い粉がつく」、「カビ・コケ・藻」、「ひび割れ・小さな穴がポツポツできている」、「塗装面のはがれ・ふくらみがある」です。これらの中で、1つでも心当たりがある場合は、すぐにでも専門業者に屋上を見てもらいましょう。どれも当てはまらなかった場合でも油断は禁物です。

初めての雨漏りでも安心!~業者ならすぐに対応してくれる~

初めて屋上防水施工を業者に依頼する時、どんな流れになるか不安になりますね。事前に把握すれば、安心して業者スタッフと相談ができます。

防水診断で的確な工事

防水診断は、屋上の劣化度合いを把握するためには大切なところです。建物のプロが、実際に登って屋上の防水状態を正確に調べてくれます。屋上防水対策で、どんな施工を施せば効果的かを見極めてくれます。

屋上防水工事が完了するまで

問い合わせ・現地調査

まずは、お問合せから。屋上防水施工の詳細説明や現地調査の日付決めを行ないます。これらは、電話やメールのどちらでも受付けています。現地調査は、専門スタッフが既存塗膜状況や立地条件などを調べてから、予算や希望塗料をヒアリングします。

調査後見積書の提出

現地調査を行なった時にまとめた調査報告書と、依頼者の希望に適した施工プランの見積書を提出してくれます。導き出された診断内容や調査項目を、初めての人にもわかりやすく丁寧に説明をしてくれます。

契約・工事期間の確認

提示した施工プランとそれにかかる費用見積もりに納得して頂いたら、契約成立となります。それから、施工開始日などの決定をしていきます。施工開始日が決まった段階で、工事期間はどれくらい続くのかも確認できます。また工事後のアフターサービスやメンテナンスについても訪ねておくといいでしょう。

屋上防水施工依頼の大まかな依頼は、上記の通りです。初めての人にもわかりやすく説明をしてくれるので頼りになります。

TOPボタン